メニュー

明石でカウンセリング・検査・研修を探すならこころ相談研修センター

大久保TEL:078-220-3234 

小久保TEL:078-220-6353

tel2.png

tel4.png

シンプルなメールのアイコン素材 2  youtube  インスタ

研修

 

研修(検査・SST・事例検討など)

定例勉強会&交流会のご案内

 

7月の開催内容が決定しました

3~4ヵ月に1度、勉強会・交流会を兼ねて7人程度の少人数で開催します。

勉強会の後には、ご飯を食べながら普段の困りごとや情報交換等のお話ができる交流会も開催します。

 

勉強会内容

 「保育所(学校園)等訪問支援について」➡福祉サービスの一つで、発達障害のお子さんだけでなく、

不登校のお子さんにも活用でき、学校に登校する時間に福祉職員が教室で待っていて学習や対人関係の支援、

先生との情報共有をしたりします。

 

〇交流会内容

 事業所の運営や実地指導について

 

〇開催日時・場所両日共に内容は同じです。

 ①2024年7月8日(月)【勉強会】feel小久保Ⅱ事業所 10:00~11:00

             【交流会】西明石駅周辺 11:30~13:00

 

 ②2024年7月13日(土)【勉強会】feel小久保Ⅱ事業所 14:00~15:00

             【交流会】明石駅周辺 16:00~18:00

〇参考料金

【勉強会】2,000円

【交流会】ランチ1,500円前後 飲み会4,500円前後

人数:7人程度

詳細につきましては、こちらをクリックしてチラシをご確認ください。

参加をご希望の方は、こちらをクリックしてご応募ください。

質問がございましたら、LINEなどにてお気軽にお問合せください。

 

<お問合せ先>

一般社団法人こころ相談研修センター

~feel小久保Ⅱ(放課後等デイサービス・学校園訪問支援) フリースクール小久保~

住所:明石市小久保5-5-4 ハイツフジ2号

TEL:078-223-1146

担当:杉下(公認心理師・臨床心理士・児童発達支援管理責任者)

継次処理と同時処理について

(講師:山北 梨紗子▼公認心理師・臨床心理士)

Zoomを用いたオンライン開催

※お申し込みは締め切らせていただきました。次回の開催をお待ちください。

日時:2024年7月6日(土) 14:30~16:00

料金4,000円(資料代を含む)

※参加費をご入金いただいた後のご都合によるキャンセルに対して、返金は致しかねますので、 日程を必ず確認してからお申し込みください。

定員20名

締め切り:2024年6月24日(月)

(お申し込みが多かった場合、早めに締め切らせていただくことがあります。)

 

※本研修は臨床心理士ポイント研修を予定しておりません。ご了承のほどお願いいたします。

 

参加をご希望の方は、下記のURLよりGoogleフォームの内容をご確認の上、お申し込みください。

https://forms.gle/5o19ncLjyxeSjcDp7

 

こちらの研修についてのお問い合わせにつきましては、
一般社団法人こころ相談研修センター feel大久保

山北宛 にお願いいたします。

TEL:078-220-3234

e-mailこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

WISC-Ⅴ知能検査オンライン研修

※次回開催をお待ちください

(講師:小澤 友裕▼公認心理師・臨床心理士)

※ZOOMを使用してオンラインで研修を行いました。

 

 

WISC‐Ⅴの理論から採点まで【講師:小澤 友裕】

内容:WISC-Ⅴの概要、アセスメント、実施方法、採点の仕方について

※当研修では検査用紙がお手元にない方でも分かりやすいよう、パワーポイント形式でお伝えさせていただく予定です。

検査用紙はご用意できませんので、各自ご準備のほどお願いします。

日時:次回未定

料金:おひとり10,000円(資料代を含む)

※参加費をご入金いただいた後のご都合によるキャンセルに対して、返金は致しかねますので、 日程を必ず確認してからお申し込みください。

定員:30名

締め切り:未定

(お申し込みが多かった場合、早めに締め切らせていただくことがあります。)

 

 

こちらの研修についてのお申し込み・お問い合わせにつきましては、
一般社団法人こころ相談研修センター feel大久保

小澤宛 にお願いいたします。

TEL:078-220-3234

e-mailこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

 

また、実際に実施された検査結果をご持参いただき、解釈方法についてSVという形式での研修も行っております。

詳しい内容につきましてはこちらからご確認ください。